ご予約・お問合せ0280-77-2222

当院について

看護科

Coming soon

ページトップに戻る

放射線科

放射線科の特徴

当科では医師の依頼の下、単純撮影を始めCT、MRI、ポータブル装置、骨密度装置などを使用して画像検査を行っております。また撮影するだけでなく、スタッフ全員が診断や治療に役立ち、更に患者さんにとってわかりやすい画像の作成を心がけております。

チーム医療の中の放射線技師

当院では職種に関わらずチームで動くことを大切にしています。救急搬送で来た患者様のER対応から画像診断・OPEまで技師も対応しています。重要な役割を担っているという実感が、仕事の大きな励みとなっています。

働きやすい環境

診療放射線技師5名で勤務をしています。それぞれの生活スタイルに合わせて早番から宿直を5段階に分けてシフトを組んでいます。また、宿直体制を取っているので残業がほとんどありません。

ページトップに戻る

検査科

小規模ですが、
「中身は濃く、幅広く」

当科は、現在5名のスタッフで業務を行っています。内容は、採血および血液、生化学、血清·輸血、一般、生理機能、細菌(白癬菌検出)などで、そのほとんどを緊急検査と位置づけて行っています。また、一泊入院して行う睡眠時無呼吸検査も予約制で行っています。精度管理では内部精度管理のほか外部精度管理にも積極的に参加し、迅速、正確な検査結果を提供できるよう医療安全管理活動にも力を入れています。

仕事場はER

当科の特徴としては、救命救急室(ER)の中で仕事を行っていることです。ご存知のように当院は24時間365日救急患者様に対応しています。私達技師も、ERの中において他分野のスタッフ方と一眼となって仕事をしています。臨床検査技師としての本筋を見失うことなく、チームワークを大切にしつつ業務に邁進しています。通常の検査室とは一風変わった雰囲気の検査室です。

残業はほぼゼロ

仕事は早番、中番、遅番の3シフト制で組んでいます。早番、中番は定時で、遅番はたまに残業になる程度です。ライフスタイルに合わせて勤務を選ぶことも可能です。働き易いということも、大事な要素のひとつだと考えています。

ページトップに戻る

リハビリテーション科

仕事内容

当科は、発症および術後早期よりリハビリテーションを開始しており、安全にリハビリテーションが実施できるよう、他職種と密に連携し、リスク管理を徹底しています。患者様の状態に応じ、個別でプログラムを立案し、日常生活、社会復帰を目的に最大限能力を発揮できるように援助します。

特徴

当院は年間を通してカテーテル治療件数が多く、実績があるため、様々な脳卒中症例のリハビリテーションに対応できます。病床数に対し、スタッフが充実しているため急性期ながらじっくりと患者様に向き合うことが出来ます。

働きやすさ

理学療法士6名、作業療法士3名、言語聴覚士3名(2020年2月現在)が勤務しています。休暇が取りやすくプライベートも充実できる職場です。一人一人が責任を持ち仕事に携わっており、意見が言いやすい風通しのよさを大切にしています。

薬剤科

Coming soon

ページトップに戻る

栄養科

Coming soon

ページトップに戻る

医療秘書課

Coming soon

ページトップに戻る

事務部門

Coming soon

ページトップに戻る

つるみ脳神経病院

〒306-0128 茨城県古河市上片田813

電話をかける
0280-77-2222
メールで問い合せをする
info@tsurumihospital.com

迷惑メール対策などでドメイン拒否設定されている場合にメールが届かない場合がございます。『@tsurumihospital.com』のドメインが受信できるように設定をお願いいたします。

診療時間
10:00〜13:00 12:00〜17:00
17:00〜19:00

休診日:日曜・祝日

外来診療・担当医師一覧を見る

©TSURUMIhospital.ALL RIGHTS RESERVED.