ご予約・お問合せ0280-77-2222

当院について

2011年の東日本大震災の後、茨城県をはじめ関東地方の皆様が被害を受けて困っていると聞いた私は、なんとか皆様のお役に立ちたいと思い、2013年に当院を開業いたしました。

やるからには世界トップレベルの手術治療を行ないたいと思い、3次救急治療ができる専門・スタッフ・施設・設備にいたしました。開業以来、専門である最先端のカテーテル治療を軸に、幅広い手術をより高い技術でより安全に行なっており、茨城県西部,千葉県西部,埼玉県北部,群馬県東部,栃木県南部で最も脳神経外科手術件数の多い医療機関です。

患者様に喜ばれ、選んで頂ける医療機関を目指して職員一同精進して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

院長靍見 有史

院長 靍見 有史(つるみ ありひと)

1975年
茨城県生まれ
1988年
駒込小学校卒業
1991年
ラ・サール中学校卒業
1994年
ラ・サール高等学校卒業
2000年
名古屋大学医学部医学科卒業
2005年
名古屋大学大学院博士過程脳神経外科学入学
頸動脈ステント留置術の研究を行い、医学博士授与
2009年
名古屋大学大学院博士過程修了
2000-2002年
名古屋大学病院研修医
2002-2003年
公立陶生病院(愛知県瀬戸市)脳神経外科勤務
2003-2004年
厚生連加茂病院(現 豊田厚生病院 愛知県豊田市)脳神経外科勤務
2004-2005年
名古屋大学病院集中治療部勤務
2005-2006年
名古屋大学病院脳神経外科勤務
2008-2009年
中濃厚生病院(岐阜県関市)脳神経外科勤務
2009-2013年
国立病院機構名古屋医療センター脳神経外科勤務
2013年
茨城西南医療センター(茨城県境町)救命救急センター勤務

2013年5月から靍見脳神経外科院長(現職)

専門分野

脳神経外科手術、脊椎手術

□脳神経外科全般(脳血管障害、頭部脊椎外傷、脊椎脊髄疾患等) □脳血管内治療 □脳卒中 □放射線治療 (IVR) □救命救急治療(多発骨折、大量出血、心肺停止) □喀血(気管支動脈塞栓術、肺動脈塞栓術) □肺癌、肝臓癌等の血管内手術 □大動脈瘤手術(人工心肺を用いるもの/用いないもの) □腹部骨盤外傷(肝臓、脾臓、腎臓、骨盤外傷) □動脈硬化性疾患(閉塞性動脈硬化症)の血管内手術 □腎血管性高血圧の血管内手術 □内分泌疾患の診断(カテーテル診断)、治療 □消化管出血(胃潰瘍、食道出血等) □肝臓や腎臓、肺等の動脈瘤、血管奇形手術

主な所属学会および資格

□日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
□日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医・指導医
□日本脳卒中学会脳卒中専門医
□国際神経放射線治療学会上級会員 Senior Member of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology
□医学博士(名古屋大学大学院)

技術資格

□頭蓋内ステント認定実施医(Enterprise,Neuroform,LVIS,Wingspan)
□脳動静脈奇形Onyx塞栓術認定実施医
□頸動脈ステント認定実施医
□急性期脳梗塞血管内手術(MERCI,PENUMBRA,SOLITAIRE,TREVO)認定実施医
□急性期脳梗塞治療 (tPA) 認定実施医
□顔面痙攣ボツリヌストキシン(ボトックス)治療認定実施医
□他多数の実施医、指導医

受賞歴

〈1997年〉
名古屋大学医学部最優秀生徒賞受賞(1997年)
Nagoya University School of Medicine Research Award/Best Student of the Year 1997.

〈2007年〉
日本脳神経血管内治療学会にて,頸動脈ステント留置術周術期低血圧研究で銀賞受賞Title: Histoanatomical grading to predict hypotension after CAS. First author: Arihito Tsurumi

〈2012年〉
アジア・オーストラリア神経放射線治療学会にて,頸動脈狭窄症の血管内超音波研究で銅賞受賞
The 10th Meeting of Asian Australasian Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (AAFITN 2012). Title: Virtual Histology Analysis of Carotid Atherosclerotic Plaque. First author: Arihito Tsurumi

主要学術論文

筆頭著書
  • Tsurumi A, Miyachi S, Yoshida J. 頸動脈ステント留置術における IVUS Virtual Histology の役割 脳神経外科速報. 2007; 17:446-454.
    【詳しくはコチラ】
  • Tsurumi A, Miyachi S, Hososhima O, Izumi T, Ohshima T, Matsubara N , et al. Can periprocedural hypotension in carotid artery stenting be predicted? A carotid morphologic autonomic pathologic scoring model using virtual histology to anticipate hypotension. Interv Neuroradiol. 2009; 15:17-28.
    【詳しくはコチラ】
  • Tsurumi A, Tsurumi Y, Negoro M, Yokoyama K, Oheda M, Susaki N , et al. Subcutaneous Hematoma Associated with Manual Cervical Massage during Carotid Artery Stenting. A Case Report. Interv Neuroradiol. 2011; 17:386-390.
    【詳しくはコチラ】
  • Tsurumi A, Tsurumi Y, Negoro M, Tsugane S, Ryuge M, Susaki N , et al. Delayed rupture of a basilar artery aneurysm treated with coils: Case report and review of the literature. J Neuroradiol. 2013; 40:54-61.
    【詳しくはコチラ】
  • Tsurumi A, Tsurumi Y, Hososhima O, Matsubara N, Izumi T, Miyachi S. Virtual histology analysis of carotid atherosclerotic plaque: plaque composition at the minimum lumen site and of the entire carotid plaque. J Neuroimaging. 2013; 23:12-17.
    【詳しくはコチラ】
共著
  • Ohshima T, Miyachi S, Izumi T, Tsurumi A, Kinkori T, Hososhima O , et al. 小脳静脈性うっ血にて発症した single cortical drainage 硬膜動静脈瘻の一例 JNET. 2007; 1:26-30.
    【詳しくはコチラ】
  • 松原 功明、宮地 茂、泉 孝嗣、靍見 有史、細島 理、錦古里 武志その他. Selective 3D-DSA と kick turn method を応用した塞栓術が有用であった Spinal dural AVF の 1 例 脳神経外科ジャーナル. 2008; 17:395-401.
    【詳しくはコチラ】
  • Iizuka H, Miyachi S, Ohshima T, Izumi T, Tsurumi A, Yoshida J. Morphological study of aneurysms at the junction of the superior cerebellar artery. Interv Neuroradiol. 2008; 14:259-266.
    【詳しくはコチラ】
  • Matsubara N, Miyachi S, Hososhima O, Izumi T, Ohshima T, Tsurumi A , et al. [Assessment of mental condition and anxiety in patients receiving neuroendovascular treatment]. No Shinkei Geka. 2008; 36:513-520.
  • Matsubara N, Miyachi S, Izumi T, Ohshima T, Tsurumi A, Hososhima O , et al. Super-selective 3D-DSA が血管内塞栓術に有用であった硬膜動静脈瘻の一例 脳神経外科速報. 2008; 18:1149-1155.
    【詳しくはコチラ】
  • Matsubara N, Miyachi S, Izumi T, Ohshima T, Tsurumi A, Hososhima O , et al. Usefulness of three-dimensional digital subtraction angiography in endovascular treatment of a spinal dural arteriovenous fistula. J Neurosurg Spine. 2008; 8:462-467.
    【詳しくはコチラ】
  • Matsubara N, Miyachi S, Izumi T, Ohshima T, Tsurumi A, Hososhima O , et al. ヨードアレルギー患者に Gadolinium 造影剤を用いて頸動脈ステント留置術を行った1 例 脳神経外科速報. 2008; 18:93-99.
    【詳しくはコチラ】
  • Matsubara N, Miyachi S, Nagano Y, Ohshima T, Hososhima O, Izumi T, Tsurumi A , et al. A novel pressure sensor with an optical system for coil embolization of intracranial aneurysms. Laboratory investigation. J Neurosurg. 2009; 111:41-47.
    【詳しくはコチラ】
  • Miyachi S, Izumi T, Tsurumi A, Hososhima O, Matsubara N, Naito T , et al. [Endovascular treatment for ischemic cerebrovascular diseases]. Rinsho Shinkeigaku. 2009; 49:807-809.
    【詳しくはコチラ】
  • Susaki N, Takahashi T, Tsugane S, Tsurumi A, Oheda M, Yokoyama K. 頭蓋内動脈狭窄に対するシロスタゾール(プレタール)の使用経験 Prog Med. 2009; 29:2803-2805.
    【詳しくはコチラ】
  • 宮地 茂、泉 孝嗣、大島 共貴、靍見 有史、細島 理、松原 功明その他. 症候性脳静脈灌流障害を呈する硬膜動静脈瘻に対する血管内治療 脳卒中の外科. 2010; 38:243-249.
    【詳しくはコチラ】
  • Matsubara N, Miyachi S, Nagano Y, Ohshima T, Hososhima O, Izumi T, Tsurumi A , et al. コイル挿入力測定センサーによるコイル挿入力発生パターンに関する研究:コイル挿入方法,挿入速度の違いによって決まるコイルと動脈瘤壁との摩擦状態の検討から JNET. 2010; 4:84-90.
    【詳しくはコチラ】
  • Fujii M, Miyachi S, Matsubara N, Kinkori T, Takebayashi S, Izumi T, Ohshima T, Tsurumi A, Hososhima O , et al. Selective propofol injection into the M1 segment of the middle cerebral artery (MCA Wada test) reduces adverse effects and enhances the reliability of the Wada test for determining speech dominance. World Neurosurg. 2011; 75:503-508.
    【詳しくはコチラ】
  • Matsubara N, Miyachi S, Nagano Y, Ohshima T, Hososhima O, Izumi T, Tsurumi A , et al. Evaluation of the characteristics of various types of coils for the embolization of intracranial aneurysms with an optical pressure sensor system. Neuroradiology. 2011; 53:169-175.
    【詳しくはコチラ】
  • Susaki N, Takahashi T, Tsurumi A, Tsugane S, Oheda M, Fukuoka T , et al. 血管内治療後の再狭窄に対し,シロスタゾール(プレタール)の内服が著効した一例 Prog Med. 2011; 31:2232-2234.
    【詳しくはコチラ】

靍見脳神経外科

〒306-0128 茨城県古河市上片田813

電話をかける
0280-77-2222
メールで問い合せをする
info@tsurumihospital.com

迷惑メール対策などでドメイン拒否設定されている場合にメールが届かない場合がございます。『@tsurumihospital.com』のドメインが受信できるように設定をお願いいたします。

診療時間
10:00〜13:00 12:00〜17:00
17:00〜19:00

休診日:日曜・祝日

外来診療・担当医師一覧を見る

©TSURUMIhospital.ALL RIGHTS RESERVED.