ご予約・お問合せ0280-77-2222

脳ドック・人間ドック

最新鋭の機器MRIによる脳や脳血管、頚部頚動脈の詳しい診断をします。くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤、脳腫瘍、脳梗塞の原因となる頚動脈狭窄、無症候の脳梗塞や脳出血の発見が可能です。

  • 磁石(磁場)を使用した検査のためペースメーカー、人工関節など体内に金属を埋め込まれている方は受けることが出来ません。ヘアピンや貴金属類,義歯も全て外していただきますので予めご了承ください。
  • 人間ドックなどと同様、発病していない方を対象とした検査になりますので、保険は適用されません。症状のある方で、医師が検査を必要と判断した場合は、保険診療での検査になりますので、頭痛やめまい、しびれ等、気になる症状のある方は、通常外来を受診ください。
     
簡易脳ドック3万円(税込) 標準脳ドック5万円(税込)
脳神経外科専門医による文書による結果説明、指導付 脳神経外科専門医による文書による結果説明、指導付+面談による説明、指導付
頭頸部MRI/A
ABI検査
採血(HbA1c付)
尿一般
心電図
高次脳機能検査
(長谷川式)
うつ病スクリーニング
胸(腹)CT
便潜血2日分
PSA採血(男性のみ)
骨密度検査(女性のみ)
感染症検査
眼圧・視力・眼底カメラ
血液型
アレルギー検査
ピロリ菌検査
面接による結果説明
  
簡易人間ドック7万円(税込) 標準人間ドック9万円(税込)
脳神経外科専門医による文書による結果説明、指導付 脳神経外科専門医による文書による結果説明、指導付+面談による説明、指導付
頭頸部MRI/A
ABI検査
採血(HbA1c付)
尿一般
心電図
高次脳機能検査
(長谷川式)
うつ病スクリーニング
胸(腹)CT
便潜血2日分
PSA採血(男性のみ)
骨密度検査(女性のみ)
感染症検査
眼圧・視力・眼底カメラ
血液型
アレルギー検査
ピロリ菌検査
面接による結果説明

※面談による結果説明がないコースは結果表を郵送

マルチスライスCT(東芝)

非常に細かいところまで高速(頭〜骨盤約20秒)で全身撮影できます。従来の機器に比べて1/4程度の被爆量です。当日撮影可能です。

1.5T MRI(SIEMENS)

高画質な画像が短時間で撮影できます。(頭部MRI+MRA 約15分)当日撮影可能です。

MRIは磁気の力を利用し、体内からの信号を画像化します。当院の脳ドックでは、脳卒中、脳腫瘍、動脈瘤、動脈狭窄などの病変を正確に抽出できます。放射線を用いず、磁力で検査しますので、放射線被曝も全くありません。

SIEMENS 1.5T MRI
脳梗塞
脳動脈瘤

↑コース一覧に戻る

ABI検査は手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表示できます。これにより、動脈硬化の程度や血管年齢、手足の血管の狭窄、閉塞を評価することが可能です。

ABI装置

↑コース一覧に戻る

採血検査は血液を採取することで、身体の様々な異常を発見できます。採血検査で分かることは多く、主に臓器の異常、糖尿病、悪玉コレステロール、中性脂肪、白血病、貧血、血液型などが分かります。

↑コース一覧に戻る

尿検査は尿中の成分を検査することで、腎・尿路系を評価する検査です。尿は採取が容易で、苦痛なく検査ができ、診断価値が大きいので、臨床上きわめて有用になります。

↑コース一覧に戻る

心電図検査は心臓全体の働きを調べることができ、心臓病や不整脈の発見や診断、病状の把握などに欠かせない検査です。

心電図装置

↑コース一覧に戻る

高次脳機能検査は、認知症の早期発見に適した知能検査です。検査は、こちらからの質問に対して答えて頂く、口頭試験になります。

↑コース一覧に戻る

うつ病による認知症を検出するための検査です。質問項目に対し4段階に評価を行い、判定します。

↑コース一覧に戻る

CTはX線を人体に照射し、そのX線の減弱の差を画像化します。マルチスライスCTを使用しているため、被ばくも少なく短時間で、検査が可能です。胸(腹)のCTでは、肺がん、肺炎などの病変を検出できます。

東芝 マルチスライスCT
肺炎
肺がん

↑コース一覧に戻る

便潜血検査は、大腸がん早期発見のために行われるスクリーニング検査です。当院では、正確な結果を出すために、2日間にわたって2回便を採取する2回法を行っています。

↑コース一覧に戻る

PSA採血検査は、前立腺がん早期発見のために行われるスクリーニング検査です。この検査は男性のみ行います。

↑コース一覧に戻る

骨密度は、骨の強さを判定するための代表的な指標です。当院では、超音波よりも正確に評価できる前腕(橈骨)を測定するタイプの装置を使用しています。この検査は女性のみ行います。

検査時間:20秒

↑コース一覧に戻る

感染症採血検査は、血液を採取することで、B型肝炎、C型肝炎、エイズウイルス、梅毒などの感染症の有無を調べます。

↑コース一覧に戻る

眼圧検査は、眼内液の圧力を調べる検査で、緑内障の診断に重要となります。眼底検査は目の奥の網膜、血管などの異常を調べる検査で、網膜剥離、眼底出血、糖尿病性網膜症の診断ができます。

眼圧検査
視力検査
眼底検査

↑コース一覧に戻る

アレルギー検査は、血液を採取することで、花粉、ダニ、食物などの多種多様な39項目のアレルギーを一度に調べられます。

↑コース一覧に戻る

ヘリコバクター・ピロリ菌検査は、胃がんや胃潰瘍、胃炎の原因となるピロリ菌の有無を血液を採取することだけで、調べることができます。

↑コース一覧に戻る

靍見脳神経外科

〒306-0128 茨城県古河市上片田813

電話をかける
0280-77-2222
メールで問い合せをする
info@tsurumihospital.com

迷惑メール対策などでドメイン拒否設定されている場合にメールが届かない場合がございます。『@tsurumihospital.com』のドメインが受信できるように設定をお願いいたします。

診療時間
10:00〜13:00 12:00〜17:00
17:00〜19:00

休診日:日曜・祝日

外来診療・担当医師一覧を見る

©TSURUMIhospital.ALL RIGHTS RESERVED.